前ページへ戻る          
1.まず、迷惑メールと判定されたメールの隔離先メールボックスを作成します。

Mailを起動し、メニューバーの「メールボックス」→「メールボックスを作成」をクリックしてSTEP2へ

2.作成するメールボックスの名前を入力

名前は何でも構いません。ここでは例として「スパム」というメールボックスを作ります。
「OK」ボタンをクリックし画面を閉じます。

3.「スパム」メールボックスが作成されていることを確認

「メールボックス」ボタンをクリックすると画面右側にメールボックス一覧が表示されます。

以上で迷惑メール用のメールボックスが作成されました。

4.次に迷惑メールと判定されたメールを振り分ける動作を設定します。

「メニュー」→「Mail」→「環境設定」をクリックして次の画面を表示します。

5.「ルール」をクリックすると画面下部に現在の振り分けルールが表示されます。

「ルールを追加」ボタンをクリックし次の画面を表示します。
※既に「迷惑メール」というルールがありますが、これは初期から存在するルールであり今回作成するものとは別物です。
今回は別に新しくルールを作成します。

6.この画面で迷惑メールと判定されたメールを振り分ける条件設定を行います。
  1. 任意のルール名をつけます。例として「スパム用ルール」と入力しておきます。
  2. 「以下の条件のいずれかが」にチェックをします。
  3. 「Subject」「が次を含む」を選択します。
    右端のテキストボックスに「**スパム警告**」と入力します。 画面上では分かりにくいですが「*」は半角記号ですのでご注意ください。「スパム」は全角カタカナです。
  4. 「メッセージを移動」を選択します。
  5. 「メールボックス見選択」の部分をクリックし次の画面を表示します。


7.メールボックスの選択
  1. STEP3で作成したメールボックスが表示されてますのでクリックして選択します。
  2. 「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。


8.設定を確認し「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。


9.チェックの確認
  1. 今作成したルールが表示されていてチェックがついていることを確認します。
  2. ボタンをクリックして画面を閉じます。


10.設定終了
今後迷惑メールと判定されたメールには件名に「**スパム警告**」という文字が付きます。
件名に「**スパム警告**」という文字がついたメールを受信したときには、自動的に「スパム」メールボックスに移動されるようになります。



トップページへ お問い合わせはこちらまで
e-mail : info@fruits.ne.jp 電話 22−6822
 ( 受付時間 月〜土 9:00〜 16:30※祝日を除く)