ホーム > インターネット >加入者サポート >メール送信認証
インターネット インターネット

メール送信認証

メール送信認証サービス メール送信認証サービス
迷惑メール送信について対策実施について(2007年4月10日)
メール送信認証サービスではふるーつねっと回線以外からのメール送信が可能です。
会社や出先から、ふるーつねっとのメールアドレスでメールを送りたい時などにご利用下さい。
(注)メールソフトの設定が必要です
OP25B(アウトバウンドポート25ブロッキング)対応のためにメールソフトの設定説明にサブミッションポートの説明を加えました。
設定方法設定方法はこちら

メール送信認証(SMTP AUTH)とは?

メール送信(SMTP)の際にユーザー名とパスワードを使用して、送信者を判別認証するサービスです。

通常「ふるーつねっと」をご契約のお客様でも、「ふるーつねっと」外部でインターネット接続を行っている場合には、当社のメール送信サーバを利用してのメール送信はできないようになっています。
これはスパムメールの中継にメール送信サーバを使用されるのを防ぐためです。

しかし、メール送信認証(SMTP AUTH)を使うことで、「ふるーつねっと」をご契約のお客様であれば外部からでもメール送信サーバを使用することが可能になります。

今までは
「出張先のホテルなどで用意されている回線からインターネットには繋げるが、メール送信サーバがなくメール送信できない」といった状況が考えられましたが、今後は外部からでも「ふるーつねっと」のメール送信サーバが使えるのでメールを送信できるようになります。
通常の場合 通常の場合

1.「ふるーつねっと」から「ふるーつねっと」へのメール送信 = OK
2.「ふるーつねっと」から外部へのメール送信 = OK
3.外部から「ふるーつねっと」へのメール送信 = OK
4.「ふるーつねっと」のメールサーバを中継した外部から外部へのメール送信 = NG

メール送信認証を設定した場合 メール送信認証を設定した場合
メール送信認証を行うことで、送信者が「ふるーつねっと」をご契約のお客様であると判断できるので、外部から外部へのメール送信も行えるようになります。
送信認証サービスを使用しない場合は不正使用を防御可能です。
また、送信認証パスワードを受信パスワードとは別に変更可能です。

設定方法

各種メーラー(メールソフト)の設定方法はこちら

Windows Live メール

→STEP1
 1.アカウントタブを開きます
 2.プロパティをクリックします
ウインドウズライブメール1 ウインドウズライブメール1
→STEP2
 1.「サーバー」タブを開きます
 2.「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れます
 3.「設定」ボタンをクリックします
ウインドウズライブメール2 ウインドウズライブメール2
→STEP3
 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」にチェックを入れます
 「OK」ボタンをクリックし、ウインドウを閉じます。
ウインドウズライブメール3 ウインドウズライブメール3
→※OP25B対応
OP25Bを導入しているプロバイダ回線から弊社のメール送信認証を使用する場合

 1.詳細設定タブを開きます
 2.送信メールサーバーのポート番号を25から587へ変更します
ウインドウズライブメール3-2 ウインドウズライブメール3-2
→STEP4
「OK」ボタンをクリックして、設定完了です

Thunderbird

→STEP1
 メニューバーの「ツール」をクリックし、「アカウント設定」をクリックしてください
サンダーバード1 サンダーバード1
→STEP2
 1.「送信サーバ(SMTP)」を選びます(クリック)。
 2. 編集するサーバに「smtp.fruits.jp」を選択します。
 3.「編集」をクリックしてください
サンダーバード2 サンダーバード2
→STEP3
 1.「ユーザ名とパスワードを使用する」にチェックします。
    ユーザ名にはメールアカウントを入力してくださ。
 2.ポート番号を587番に変更します。
サンダーバード3 サンダーバード3

Macintosh

→STEP1
 Mailを起動し、「メニュー」→「Mail」→「環境設定」をクリックして次の画面を表示します。
マッキントッシュ1 マッキントッシュ1
→STEP2
 1.お使いのアカウント名を選びます(例:info@fruits.jp)
 2.「編集」ボタンを押して次の画面を表示します。
マッキントッシュ2 マッキントッシュ2
→STEP3
 「オプション」ボタンを押して次の画面を表示します。
マッキントッシュ3 マッキントッシュ3
→STEP4
  1.「認証」に「パスワード」を選びます。
  2.「ユーザ名」にご自分のメールアカウントを入力します。
  3.「パスワード」に受信時と同じパスワードを入力します。
→※OP25B対応
OP25Bを導入しているプロバイダ回線から弊社のメール送信認証を使用する場合は、「サーバのポート」欄を「587」に変更して下さい。
マッキントッシュ4 マッキントッシュ4
→STEP5
「OK」ボタンをクリックし、開いたウィンドウを全て閉じて下さい。
  以上で設定完了です。

Outlook Express

→STEP1
 OutlookExpressを起動し、「メニュー」→「ツール」→「アカウント」をクリックして次の画面を表示します。
アウトルックエクスプレス1 アウトルックエクスプレス1
→STEP2
 1.「メール」タブをクリック
 2.「お使いのアカウント名」(例:pop.fruits.jp)をクリック
 3.「プロパティ」ボタンをクリック
アウトルックエクスプレス2 アウトルックエクスプレス2
→STEP3
 1.「サーバー」タブを選択
 2.「このサーバーは認証が必要」にチェックをつけます
 3.「設定」ボタンを押して次の画面を表示します
アウトルックエクスプレス3 アウトルックエクスプレス3
→STEP4
 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選び、「OK」ボタンをクリックしてウインドウを閉じます。
アウトルックエクスプレス4 アウトルックエクスプレス4
→※OP25B対応
OP25Bを導入しているプロバイダ回線から弊社のメール送信認証を使用する場合

 1.「詳細設定」タブを選択
 2.「送信メール(SMTP)」を「587」に変更します
アウトルックエクスプレスop25b対応 アウトルックエクスプレスop25b対応
→STEP5
  今まで開いたウィンドウを閉じて下さい。
  以上で設定完了です。

Becky! Internet Mail

→STEP1
Becky!を起動し、「ツール」→「メールボックスの設定」をクリックして次の画面を表示します。
Becky! Internet Mail-1 Becky! Internet Mail-1
→STEP2
「基本設定」タブを選択します。
ここでの変更はありませんが下図のような設定になっていることを確認してください。
Becky! Internet Mail-2 Becky! Internet Mail-2
→STEP3
 1.「詳細」タブを選択します。
 2.「SMTP認証」「CRAM-MD5」「[LOGIN」「PLAIN」をチェックします。
 3.アカウント名にご自分のメールアカウントを入力します。
  パスワードには受信時と同じパスワードを入力します。
 4.「ESMTPを使用」をチェックします。
 5.サーバーのポート番号でSMTPを25から587に変更します。
Becky! Internet Mail-3 Becky! Internet Mail-3
→STEP4
「OK」ボタンを押して設定の為に開いた画面を閉じて下さい。
以上で設定完了です。
加入者サポート
WEBメール
遠隔サポート
ファイル送信
マニュアルトラブル解決
ユーザーホームページ紹介
ホームページ公開方法
メーリングリスト
050IP電話
ホスティングサービスについて
ページ上へ戻ります
footer footer