ホーム > インターネット > 加入者サポート > セキュリティについて > 個人情報の管理
インターネット

加入者サポート

個人情報の管理


●はじめに

インターネットは私たちの生活の中で様々な場面で活用され、大変便利なものであると同時に、「本人の知らぬ間に個人情報が他人に漏れ、迷惑行為や犯罪行為などのトラブルに巻き込まれてしまった」というような事件が多数起きているのも現状です。

このようなインターネット上のトラブルに巻き込まれることなく、安心してインターネットを利用するためには、常にインターネットに潜む危険を意識し、お客様ご自身でトラブルを未然に防ぐことが大切です。

●個人情報とは?

「名前、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、パスワード、職業、銀行口座番号、クレジットカード番号」など、生存する個人に関する情報のことを言います。

もし、これらの情報がもれると・・・?
ダイレクトメールが送られてきたり、全く必要の無い迷惑メール(中には身に覚えのない多額の請求をしてくる内容のメールもあります)が送られてくるなど、迷惑なだけでなく犯罪に巻き込まれる危険もあります。
気をつけましょう!
インターネットを安心してお使いいただくためにも、日頃から個人情報漏洩の予防と対策を心がけましょう。

●予防と対策日頃から個人情報漏洩の予防と対策に心がけましょう

●個人情報の保護

インターネット上では、簡単に個人情報を公開しない・教えない
予防と対策
SNS、掲示板(BBS)、チャット、自作ホームページ等に必要ではない限り個人情報は公開しないようにしましょう。不特定多数の人が見る可能性があり、公開してある情報が何に利用されるかわかりません。

●個人情報送信時の注意

オンラインショッピング等で会員登録(個人情報を入力して送信)する際、相手が信頼できる企業・団体か確認する
予防と対策
企業や団体について詳しく記載されているか確認しましょう。契約書等はよく読みましょう。
クレジットカード番号などを送信する場合、SSL(個人情報を入力するページが暗号化されている)などのセキュリティ保護を行っているか確認しましょう。
※SSL使用時はブラウザの下(ステータスバー)に鍵のマークが表示されます。

●パスワードやID番号の取り扱い

パスワードは他人に知られないように管理しましょう
予防と対策
・他人に教えない
・定期的に変更する
・メモを残す場合は机の上など人が行き来するような場所に置いたままにしない
・生年月日、電話番号、番地などから安易に連想できるパスワードにしない

●OSやソフトのバージョンアップ

OSやウイルス対策ソフトを常に最新版に保ちましょう
予防と対策
OS(Windows・MACOSなど)やご利用のウイルス・セキュリティ対策ソフトなどの最新情報をチェックし、不具合(セキュリティーホールと呼ばれます)がある場合は修正し、個人情報漏洩、不正進入、ウイルス感染等から未然にパソコンを守りましょう。
買ったばかりのパソコンだから安心、ではありません!OSのセキュリティーホールが新たに発見されれば、そこを狙ったウイルスなどが広がる危険があります。
■参考ページ
・マイクロソフト WindowsUpdate
・Aplle サービス&サポート

●固定グローバルコース or DHCPグローバルコースのお客様

プライベートコースのお客様よりも、セキュリティ対策をしっかりと!
予防と対策
プライベートコースのお客様よりもパソコンへの不正進入、プライバシー情報の盗難、データの改ざん等の危険性が高くなりますので、パーソナルファイヤーウォールなどを利用しましょう。
加入者サポート
WEBメール
遠隔サポート
ファイル送信
マニュアルトラブル解決
ユーザーホームページ紹介
ホームページ公開方法
メーリングリスト
050IP電話
ホスティングサービスについて
ページ上へ戻ります